ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 町長部局 > 住民課 > マイナンバーカード(電子証明書)暗証番号のロック解除・再設定について

本文

マイナンバーカード(電子証明書)暗証番号のロック解除・再設定について

印刷用ページを表示する 更新日:2022年2月21日更新

マイナンバーカード(電子証明書)の暗証番号のロック解除・変更

暗証番号をロックしてしまった、または変更したい場合は、住民課窓口でマイナンバーカードの暗証番号の変更手続きが必要です。

署名用電子証明書の暗証番号(英数字6桁~16桁)は、コンビニ等でロック解除・変更ができます。詳しくは「署名用電子証明書暗証番号をコンビニ等で初期化・再設定」をご覧ください。

現在の暗証番号から別の暗証番号に変更したい場合

現在の暗証番号を把握されている場合に限り、マイナポータルまたは利用者クライアントソフトを使用して、スマートフォンやパソコンから暗証番号の変更が可能です。インストール方法等は、以下のページをご覧ください。

手続きに必要なもの

手続きをする人

必要なもの

本人

マイナンバーカード

法定代理人

(15歳未満または成年被後見人)

  • 法定代理人の本人確認書類
  • 代理権を証明する書類
  • 本人のマイナンバーカード

任意代理人
(※後日手続き)

  • 任意代理人の本人確認書類
  • 本人のマイナンバーカード

※任意代理人が手続きをする場合は、郵送による文書照会方式による手続き(後日手続き)となります。手続きの完了までに数日はかかりますので、余裕を持って、お越しください。

  1. 任意代理人が窓口で申請した後、本人宛に役場から暗証番号を確認するための照会書兼委任状を郵送します。
  2. 照会書兼委任状に署名、暗証番号等を記入してください。
  3. 任意代理人にマイナンバーカードと照会書兼委任状を住民課窓口へ提出するよう委任してください。(代理人は本人確認書類の提示が必要です。)
  4. 住民課職員が代行して手続きをし、代理人にマイナンバーカードを返却します。

本人確認書類に関する注意事項

「氏名と生年月日」または「氏名と住所」が記載され、記載されている情報が住民票の最新の情報と一致している書類が必要です。また、有効期限の定めがある書類は、有効期限内のものに限ります。

本人確認書類一覧 [PDFファイル/80KB]

代理権を証明する書類

  • 戸籍謄本、住民票等で続柄が確認できるもの
    ※横芝光町に住所または本籍がある方は必要ありません。
  • 成年被後見人の法定代理人(成年後見人)は、成年後見登記事項証明書(発行日から3か月以内のもの)をお持ちください。

暗証番号の種類

数字4桁の暗証番号は、同じ番号を設定することができます。

種類

文字・桁数

用途

住民基本台帳用

数字4桁

市町村の窓口で転入届を提出する際や住所や氏名の更新手続きで使用

券面事項入力補助用

数字4桁

マイナンバーや住所、氏名を利用する事務を行う際、その情報をテキストデータとして読み取るために使用

利用者証明用電子証明書用

数字4桁

マイナポータルやコンビニ交付サービスのログインのために使用

署名用電子証明書用

英数字混在
6桁~16桁

e-Taxの確定申告等、電子文書を送信する際に使用

数字4桁の暗証番号は3回、署名用電子証明書の暗証番号は5回間違えるとロックがかかります。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)