ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

療養費について

印刷用ページを表示する 更新日:2018年12月19日更新

 医療機関等の窓口でいったん全額自己負担したものを、国民健康保険の窓口へ申請し、審査決定されると、保険診療分のうち一定の割合で払い戻しを受けることができます。

・急病など緊急でやむをえない理由で、保険証を持たずに診療をうけたとき。

・医師が必要と認めたコルセットなどの治療用装具をつくったとき、など。

【手続きに必要なもの】

(1) 急病など緊急でやむをえない理由で、保険証を持たずに診療をうけたとき

  ・保険証
  ・領収書
  ・診療報酬明細書(お医者さんに書いてもらう書類です。)
  ・世帯主の口座がわかるものと印鑑
 
  上記届出の際には、原則として世帯主、及び、手続きの対象となる方全員のマイナンバー(個人番号)が必要になります。

(2) 医師が必要と認めたコルセットなど治療用装具をつくったとき

  ・保険証
  ・領収書
  ・医師の証明書
  ・世帯主の口座がわかるものと印鑑

   上記届出の際には、原則として世帯主、及び、手続きの対象となる方全員のマイナンバー(個人番号)が必要になります。