ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 町長部局 > 住民課 > セルフメディケーションの推進について

本文

セルフメディケーションの推進について

印刷用ページを表示する 更新日:2021年9月10日更新

セルフメディケーションとは

 セルフメディケーションとは、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」(WHOの定義)です。セルフメディケーションを推進していくことは、健康の維持、生活習慣病等の予防や改善・重症化予防、ひいては健康寿命の延伸を目指すこととなり、結果的に、医療費の節約につながります。

セルフメディケーションの取組とは

  • 普段の自分の健康状態を把握し、毎年健康診断を受診しましょう。また可能であれば、普段から自分の体重や体脂肪、血圧などをチェックしておきましょう。
  • 普段から適度な運動、栄養バランスの取れた食事、十分な睡眠・休息を心がけ、病気になりにくい体を作りましょう。
  • 軽度な身体の不調を手当するためには、一般に普及されている市販薬(OTC医薬品)を服用し、栄養のあるものを食べて十分な休養をとって様子を見ましょう。症状の改善がみられない場合には医療機関等を受診するなど、場合に応じて判断しましょう。
  • かかりつけの薬局を決めておけば、自分の体質や状態、症状に合った市販薬を適切に使用するため薬剤師のアドバイスを受けられます。

セルフメディケーション税制について

 医療費控除の特例として、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う人が、平成29年1月1日以降に、指定されたOTC医薬品を購入した際に、その購入費用について所得控除を受けることができます。

詳しくは厚生労働省ホームページ<外部リンク>をご覧ください。