ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 暮らし > 戸籍・住民票・証明 > 証明書 > 住民票の写し・戸籍証明書の請求等は、本人確認が必要です

本文

住民票の写し・戸籍証明書の請求等は、本人確認が必要です

印刷用ページを表示する 更新日:2019年5月10日更新

 平成20年5月1日から住民票の写し・戸籍証明書の請求等をする場合は、「本人確認」が法律上のルールとなりました。

 これは、個人の情報を他人に知られたくないといった意識の高まりにより、戸籍法・住民基本台帳法が改正され、本人確認が義務付けされたことによるものです。「証明書の不正な請求」や「なりすましによる届出」を未然に防止し、個人情報を保護するためにも本人を確認するための書類の掲示をお願いします。

本人確認のときに必要な書類(確認書類一覧 [PDFファイル/80KB])

  • 1点の掲示でよいもの(官公庁発行の写真付きの書類がある場合)
    個人番号(マイナンバー)カード・運転免許証・パスポート・写真付きの住民基本台帳カード など
  • 2点以上の組み合わせが必要なもの
    (官公庁発行の写真付きの書類がない場合)
    健康保険証・年金証書・写真付きの学生証 社員証 など

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)