ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 暮らし > 戸籍・住民票・証明 > 戸籍・住民票 > 外国人住民の方の登録制度が変わりました

本文

外国人住民の方の登録制度が変わりました

印刷用ページを表示する 更新日:2013年4月15日更新

平成24年7月9日に外国人登録制度が廃止され、外国人住民の方も日本人と同様に住民票が作成されるようになりました。

主な変更点

  • 外国人住民の方にも住民票が作成されます。
    住民票に登録された外国人住民の方には、日本人と同様に住民票の写しの交付が可能となりました。
  • 「外国人登録証明書」に替わり「在留カード」または「特別永住者証明書」が交付されます。
    中長期在留者には「在留カード」、特別永住者には「特別永住者証明書」が交付されます。現在お持ちの外国人登録証明書は、一定期間「在留カード」または「特別永住者証明書」としてみなされますが、順次切替えが必要です。
  • 町外に引っ越すときの住所変更の手続方法が変わりました
    横芝光町で転出届を行い、「転出証明書」の交付を受け、新住所地の市役所等に転出証明書と在留カードまたは特別永住者証明書をお持ちして転入届を行います。また、国外に転出する場合も転出届が必要になります。

新制度の対象となる方

観光などの短期滞在者等を除いた、適法に3ヶ月を超えて在留する外国人であって、住所を有する方について住民票を作成します。

  1. 中長期在留者(在留カード交付対象者)
  2. 特別永住者
  3. 一次庇護許可者または仮滞在許可者
  4. 出生による経過滞在者または国籍喪失による経過滞在者

※在留資格が短期滞在の方や法施行時(平成24年7月9日)に在留資格がない方は住民票が作成されない方の印鑑登録は、新制度の開始をもって廃止されます。

新制度手続き期間・場所

中長期在留者の方

新制度後は各種手続の場所が変わります。

  • 入国管理局 在留資格の変更、在留期間の更新、在留カードの更新、氏名や国籍等の変更手続
  • 横芝光町役場 住所の変更手続き
年齢 在留資格 現在の外国人登録証明書が、みなし在留カードとして使える期間
16歳以上の方 永住者 平成27年(2015)年7月8日まで
永住者以外 在留期間の満了日
16歳未満の方 永住者 平成27年(2015年)7月8日または16歳
の誕生日のどちらか早い方の日
永住者以外 在留期間の満了日または16歳の誕生日のどちらか早い方の日

※みなし在留カードとして使える期間内に、入国管理局で切替手続を行ってください。

特別永住者の方

特別永住者の方の各種手続場所は、下記のとおりです。

横芝光町役場 特別永住者証明書の更新、氏名や国籍の変更手続

年齢 現在の外国人登録証明書が、みなし特別永住者証明書として使える期間
16歳以上の方 平成27年(2015年)7月8日または外国人登録証明書の次回確認(切替)申請期間の始期のどちらか遅い方の日
16歳未満の方 16歳の誕生日

※みなし特別永住者証明書として使える期間内に、横芝光町で特別永住者証明書へ切替手続きを行ってください。

問い合わせ 外国人在留総合インフォメーションセンター
(平日午前8時30分~午後5時15分)
 Tel:0570-01-3904
 Tel:03-5796-7112