ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 町長部局 > 環境防災課 > 災害対策基本法が改正され、横芝光町が発する避難情報が変わります

本文

災害対策基本法が改正され、横芝光町が発する避難情報が変わります

印刷用ページを表示する 更新日:2021年6月2日更新

「避難指示」に一本化されます

 令和3年5月20日付で、「災害対策基本法の一部を改正する法律」が施行され、以前の「避難勧告」と「避難指示(緊急)」は、「避難指示」に一本化されます。
 今後は、大雨等で災害発生のおそれが高い状況で、市町村から警戒レベル4「避難指示」が発令された場合は、危険な場所から必ず避難してください。

「高齢者等避難」で避難行動を開始してください

 高齢の方や障がいのある方、乳幼児のいるご家庭など、避難に時間がかかると思われる方は、市町村から警戒レベル3「高齢者等避難」が発令されたら避難行動を開始してください。
 また、高齢者等以外の方も、必要に応じて避難の準備をしたり、自主的に避難をするタイミングとなります。

内閣府「新たな避難情報の周知用チラシ表面」

内閣府「新たな避難情報の周知用チラシ裏面」

内閣府「新たな避難情報に関するチラシ」 [PDFファイル/549KB]

「避難」の方法について

 「避難」とは、「難」を「避ける」ことであり、ご自宅や職場の近くの「公民館や小学校に行くこと」だけが避難ではありません。
 事前にハザードマップ等を確認し、避難の必要性がある場合は、災害の危険性がない親戚・知人宅に避難することなども検討しましょう。
 また、災害の状況によっては、水・食料等の確保が困難となるほか、電気・ガス・水道・トイレ等が使用できなくなる恐れがあるため、災害が起こる前から十分な準備をしましょう。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)