ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 町長部局 > 企画空港課 > 離着陸制限(カーフュー)の弾力的運用

本文

離着陸制限(カーフュー)の弾力的運用

印刷用ページを表示する 更新日:2020年1月14日更新

 成田国際空港では、夜11時から翌朝6時までの時間帯は、原則として離着陸を禁止していましたが、令和元年10月27日からA滑走路の運用時間が1時間延長となり、深夜0時まで離着陸ができるようになりました。なお、深夜0時以降の離着陸は、成田空港の悪天候や乗客の生命に係る緊急事態に限り、離着陸を認めています。
 また、平成25年3月31日から、出発地空港の悪天候等、航空会社の努力では対応できないやむを得ない場合に限り、夜11時台の離着陸を認める「離着陸制限(カーフュー)の弾力的運用」が開始され、令和元年10月27日からA滑走路においては深夜0時から0時30分まで、B滑走路においては夜11時から深夜0時までが対象となっています。
 離着陸制限時間帯に運航が発生する場合、事前及び事後に携帯電話などへのメール配信で運航状況を知ることができます。
 また、千葉県において「離着陸制限(カーフュー)の弾力的運用」の実施状況の検証結果を公表しています。