ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 町長部局 > 健康こども課 > ロタウイルス感染症予防接種について

本文

ロタウイルス感染症予防接種について

印刷用ページを表示する 更新日:2020年10月5日更新

ロタウイルス感染症予防接種が令和2年10月1日から定期接種となりました。

ロタウイルス感染症とは

  口から侵入したロタウイルスが腸管に感染して発症します。感染力が強く、手洗いや消毒などをしっかりしても感染を予防することが難しいため、乳幼児のうちに、ほとんどのお子さんが感染します。下痢や嘔吐は1週間程度で治りますが、下痢や嘔吐が激しくなると脱水症状を起こし入院が必要になる場合もあります。

対象年齢

【1価ワクチン(商品名:ロタリックス)】

令和2年8月1日以降に生まれた生後6週0日から生後24週0日までのお子さん

【5価ワクチン(商品名:ロタテック)】 

令和2年8月1日以降に生まれた生後6週0日から生後32週0日までのお子さん

接種回数

【1価ワクチン(商品名:ロタリックス)】

27日以上の間隔をおいて2回接種

【5価ワクチン(商品名:ロタテック)】

27日以上の間隔をおいて3回接種

  • どちらのワクチンも生ワクチン(弱毒化ウイルス)で、飲むワクチンです。予防効果や安全性に差はありません。
  • どちらのワクチンを接種するかは、接種される医療機関で相談してください。
  • 特別な事情がない限り、初回接種で接種したワクチンを2回目以降も接種します。
  • 初回接種の標準的接種開始時期は、生後2か月からで、生後14週6日までに接種します。
    生後15週以降の初回接種は、 週数が高くなるにつれて自然発症による腸重積症のリスクが増加するので、お勧めできません。

接種費用

無料

接種場所

  • 町内医療機関(越川医院、鈴木医院、さくらクリニック)
  • 千葉県内相互乗り入れ事業協力医療機関

その他

対象者には、ご案内を個別通知します。

ロタウイルスについて(厚生労働省)<外部リンク>