ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 町長部局 > 都市建設課 > 令和元年台風第15号の被災住宅に対する応急修理について

本文

令和元年台風第15号の被災住宅に対する応急修理について

印刷用ページを表示する 更新日:2019年10月1日更新

(2019年10月23日)

 令和元年台風15号により被災した住宅について、災害救助法に基づき、日常生活に欠くことのできない部分の応急的な修理を実施します。

 必要最小限の修理を行うことで、被災者が引き続き元の住宅に住むことができるように支援する制度です。

  • 被災者が町へ申込み、町が修理業者に依頼して、費用の限度額の範囲内で修理を行います。
  • 修理費用を町が直接修理業者に支払う制度であり、被災された方に費用が支給されるものではありません。

「応急修理制度の概要」[PDFファイル/678KB]

対象者
  • 台風によって居宅が「半壊」以上の被害を受け、応急修理により、元の居宅に引き続き住まわれる方
  • 半壊の場合、自らの資力で修理を行うことができない方
対象範囲

屋根等の基本部分、ドア等の開口部、上下水道の配管・配線など日常生活に不可欠な部分

(内装や設備、家電製品などは対象外です)

限度額 1世帯あたり595,000円以内(税込)

台風15号の被災住宅に対する応急修理についての画像

申込書類(様式)

※なお、台風15号で「半壊」に至らない「一部損壊」の被害を居宅に受けた方への支援制度が、国、県で検討されています。

 詳細が分かりしだい改めてお知らせいたします。(内容によっては、修理前、修理中、修理後の写真や修理業者との契約書、領収書などが必要となる場合があります。修理に関する書類については、大切に保管をお願いします。)

応急修理に関する千葉県のホームページ<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)