ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 町長部局 > 環境防災課 > 住宅用省エネルギー設備等設置費用の一部補助について

本文

住宅用省エネルギー設備等設置費用の一部補助について

印刷用ページを表示する 更新日:2020年4月1日更新

令和2年度

太陽光発電システム・太陽熱利用システム

設置補助の申請は令和2年4月1日から受付開始しています。

住宅に太陽光発電システムや太陽熱利用システムを設置される方に、設置費用の一部を補助します。

平成29年度から補助対象要件が変更となりました。

◎補助対象設備
  • 太陽光発電システム(太陽光発電システムの設置工事に着工する前日までに建築工事が完了している住宅が対象です)
  • 太陽熱利用システム(自然循環型は補助対象外です)
◎補助対象者
  1. 町内に住民登録を有すること。(補助対象設備の設置完了時に住民登録をする場合を含む)
  2. 世帯全員に町税の滞納がなく、今後も滞納がないと見込まれること。
  3. 設備の設置費を負担し、設備を所有すること。
  4. 第三者が所有する場合または共有者がいる場合は、すべての所有者または共有者の間で補助対象設備の設置を行う同意が取れていること。
  5. 設置する設備と同種の省エネルギー設備等に対し、自らまたは自らと同一の世帯を構成するものが、町が交付する住宅用省エネルギー設備等の設置に関する補助を受けていないこと。
  6. 太陽光発電システムを設置する場合は、太陽電池の最大出力またはパワーコンディショナーの定格出力のいずれか小さい方が10キロワット未満であり、電気事業者と当設備により発電した電気に係る特定契約を締結すること。
  7. 太陽光発電システムを設置する場合は、エネルギー管理システム(HEMS)または定置用リチウムイオン蓄電システムを設置済みであるか同時に設置すること。
◎補助対象経費
  • 太陽光発電システムの場合 太陽電池モジュール、架台、パワーコンディショナー(インバータ・保護装置)、その他付属機器(計測・表示装置、接続箱、直流側開閉器、交流側開閉器等)の購入費、工事費(据付け・配線工事等)
  • 太陽熱利用システムの場合 設備本体(集熱器、蓄熱槽等)、架台、その他の付属機器(集熱配管、リモコン等)の購入費、工事費(据付け・配線・配管工事等)

◎補助金額

  • 太陽光発電システムに係る太陽電池の最大出力(小数点以下第3位を四捨五入)に1キロワット当たり20,000円(町内施工業者を利用した場合10,000円を加算)を乗じ、千円未満の端数を切り捨てた額で、限度額90,000円(加算時135,000円)※4.5キロワットまで
  • 太陽熱利用システムに係る補助対象経費相当額(上限50,000円)
◎申請方法 補助金の交付を受けたい方は、補助対象設備の設置工事に着手する前に、補助金交付申請書 [PDFファイル/137KB]に関係書類を添えて、環境防災課窓口へ申請してください。

※ただし、予算額に達した場合はその時点で受付を終了いたします。

◎詳しくは、住宅用省エネルギー設備等補助金交付要綱[PDFファイル/228KB]でご確認ください。

  

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)