ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 町長部局 > 健康こども課 > 熱中症予防について

本文

熱中症予防について

印刷用ページを表示する 更新日:2021年7月19日更新

熱中症に気をつけましょう!

熱中症は予防が大切!

 暑さになれない時期や気温の高い日が続くこれからの時期、熱中症から命を守ることが大切です。

 今夏は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、マスクの着用など、これまでとは異なる生活環境下であることから、例年に以上に熱中症に気をつけることが重要です。

予防のポイント

暑さを避けましょう

  • 扇風機やエアコンを使って温度調節をしましょう。
  • 日傘の利用や帽子をかぶりましょう。
  • 日中の外出は、できるだけ控え、涼しい時間を選んで外出しましょう。
  • 部屋にいるときは、換気を忘れず行いましょう。

服装の工夫をしましょう

 軽装とし、通気性・吸水性に優れた素材を選ぶようにしましょう。

こまめに水分を補給しましょう

  • 暑い日はじわじわと汗をかいていますので、こまめに少しずつの水分をとるように心がけましょう。
  • 汗をたくさん かいたときは、塩分不足で熱けいれんを起こしやすくなりますので、適度に塩分をとるようにしましょう。

日常生活に注意し体調を整えておきましょう

 栄養と睡眠を十分にとり、日ごろから体調管理に努めましょう。

高齢者や乳幼児・子供たちには、周りの方の配慮も必要です

  • ご高齢の方は、体内の水分が不足しがちです。こまめに水分をとるよう声かけましょう。
  • 小児は汗腺などの体温調節機能が未発達なため、大人に比べて深部体温の上昇が大きく、熱中症のリスクが高くなります。急激に温度が上昇する炎天下の車内では、わずかな時間でも非常に危険になりますので、気をつけましょう。
  • 日中の熱い時間帯での散歩は避けましょう。

運動による熱中症に注意しましょう

  • 運動時では、筋肉で大量の熱が発生するため、それだけ熱中症のリスクが高くなります。環境条件を把握し、それに応じた運動、水分補給などを行いましょう。
  • 汗の量は運動内容や個人によって大きく異なりますが、運動後に体重が減少した場合は、水分喪失による体重減少と考えられます。長時間の運動で汗をたくさん かいたときは水分・塩分の補給が大切です。

熱中症とマスクについて

  • 高温や多湿といった環境下でのマスク着用は、熱中症のリスクが高くなる恐れがあるので、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクを外すようにしましょう。
  • マスクを着用しているときは、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心がけましょう。また、周囲の人との距離を十分にとれる場所で、一時的に外して休憩することも必要です。

農作業中の熱中症予防

  • 日中の気温の高い時間帯を避け、なるべく2人以上での作業または、作業することを伝えるようにしましょう。
  • こまめな水分と塩分の補給や休憩を、周囲の方が協力して声かけあうことが、熱中症予防対策となります。

熱中症予防リーフレット

   打ち水で熱中症予防①    打ち水で熱中症予防②

 

    日傘  

 

     熱中症予防①        熱中症予防②

 

   アラート1         アラート2   

     農作業中        適度な塩分