町の紹介・観光

工業

町の工業は、古くから窯業が盛んで、現在でも製造品出荷額の46%近くをU字溝やヒューム管などのコンクリート製品が占めるものとなっており、次いで鉄鋼・金属製品・木材、木製品と続いています。事業所当たりの製造品出荷額は県平均の27%程度ですが、従業者1人当たりでは49%程度となり、付加価値率では県平均を上回るなど生産性の高さを示すものとなっています。

また、平成3年に町の北部に整備された「横芝工業団地」は、成田空港への利便性、千葉東金道路の延伸による交通アクセスの向上など、工業立地条件は非常に高く、既に、航空機エンジン整備・食品・電気などの企業が進出し、今後の発展に大きな期待が寄せられています。

写真:コンクリート製品
写真:工業団地

 

ひかり工業団地初の進出企業 スズキ株式会社

写真:スズキ株式会社
平成11年11月、スズキ株式会社では全国で6ヶ所目となる新車納車整備拠点「千葉納整センター」の、「ひかり工業団地」への立地が決定しました。面積は約15haで、県内の内陸工業団地では最大級の分譲面積となりました。自動洗車設備、用品組付けライン、モータープール等が設置され、翌年12月より稼動。関東圏を中心としたスズキ販売代理店を対象に、納車整備業務を行っています。

 

ページの先頭に戻る