町の紹介・観光

春のイベント・祭り

荒波が砕ける海岸地帯、宿場の面影を残す古い街並み、一面緑の野菜畑が広がる丘の連なり。三つの表情を持つふるさと横芝光町には、伝統の祭りや民俗行事、新しい時代への息吹を感じさせるスポーツやレジャー、そして四季折々に変化する自然が、人々の暮らしを彩ります。

坂田城跡の梅まつり | 熊野神社神楽 | 

坂田城跡の梅まつり                   

写真:坂田城跡の梅まつり
坂田城跡の梅林は県下最大級の梅林で、凛とした純白の花を咲かせる約1,000本の巨木は圧巻です。
期間中、梅農家による手作りの梅加工品や漬物の販売も予定されています。また、土曜日・日曜日には菜雑煮が振る舞われるほか、昔の遊び体験などお子様と一緒にお楽しみいただけるイベントも行われます。皆様のご来場をお待ちしております。

写真:坂田城跡の梅まつり
【期間】  平成29年2月25日(土)から3月12日(日)
【会場】  坂田城跡梅林内
【交通案内】 
(電車) JR総武本線横芝駅下車徒歩約45分
またはタクシーで約10分
(車) 圏央道松尾横芝ICから約10分
(バス) 横芝駅から千葉交通バス水戸線多古
行き「坂田」バス停または町内循環バス
循環よこしば号大総栗山循環「坂田」
バス停下車徒歩約5分

【開花状況】横芝光町Twitter産業振興課をご覧ください。
【地図】こちらからダウンロードできます。
    (坂田城跡梅まつりパンフレット)
    2017 坂田城跡梅まつり(表面).pdf
    2017 坂田城跡梅まつり(裏面).pdf

  • ◆問い合わせ
  • 横芝光町観光協会(役場産業振興課内) 
  • 電話0479-84-1215

横芝光町ガイドマップ一覧へ





熊野神社神楽



神楽は神慮を慰めるために御神前に奏舞する神道芸能の一つで、ここに伝わる神楽は太々神楽と呼ばれ、江戸後期から演じられており、昭和54年12月25日に町の無形文化財に指定されています。(天保年間作成のお面が保存されている)
 13座(13面)、12舞、6曲の謡いがあり、国家安隠、皇室弥栄、農作業の安全と五穀豊穣、産業発展を祈願して春季大祭に宮内神楽保存会によって毎年奉納されています。

◇12の舞◇
 1.天狗(てんぐ) 2.細女命(うすめ)
 3.三宝荒神(さんぽうこうじん) 
 4.榊葉(さかきば)
 5.春日社人(かすがのしゃじん) 
 6.お多(おた) 7.保食神(うけもち) 
 8.田うなひ 9.種子蒔(たねまき) 
 10.八幡大武神(はちまんのおおかみ)
 11.恵比寿(えびす) 
 12.七五三縄切(しめきり)
  • 日時  平成27年3月15日 日曜日
  • 時間  午後1時より(4時頃終了予定)
  •     (祭典は午前11時より)
  • 会場  熊野神社(横芝光町宮川)
  • ◆問い合わせ
  • 横芝光町役場社会文化課 
  • 電話0479-84-1358

PDFファイルをご覧いただくにはAcrobat Readerが必要です。Acrobat Readerをお持ちでない方は下の画像をクリックしてダウンロードしてください。

ページの先頭に戻る