暮らしのガイド

マイナンバー制度

いよいよ

マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)

がはじまります。

マイナンバーキャラクター マイナちゃん 

マイナンバーとは?

平成27年10月から、日本国内の全住民に通知される、一人ひとり異なる12桁の番号をマイナンバーといいます。

個人が特定されないように、住所地や生年月日などと関係のない番号が割り当てられます。

また、法人には1法人1つの法人番号(13桁)が指定されます。

マイナンバーでもっと便利に暮らしやすく

マイナンバーは各機関が管理する個人情報が同じ人の情報であることを正確かつスムーズに確認するための基盤になります。

さらに、国や地方公共団体で分散管理する情報の連携がスムーズになり、様々なメリットをもたらします。

公平・公正な社会の実現

マイナンバーの活用により、所得や他の行政サービスの受給状況を把握しやすくなります。負担を不当に免れることや不正な受給の防止に役立ちます。本当に困っている方へのきめ細やかな支援ができます。

国民の利便の向上

年金や福祉などの申請時に、用意しなければならない書類が減ります。これにより、行政手続も簡素化され、国民の負担が軽減されます。今後(平成29年1月予定)行政機関にある自分の情報を確認したり様々な行政サービスのお知らせを受け取ることがスムーズにできるようになります。

行政の効率化

行政事務が効率化され、国民の行政ニーズに、これまで以上に対応できるようになります。被災者台帳の作成などにマイナンバーを活用することで、迅速な行政支援が期待できます。

マイナンバーはどのように知らされるの?

平成27年10月以降に、町民のみなさんの住民票の住所にマイナンバーをお知らせする「通知カード」を簡易書留で郵送します。

書留が届いたら、下記の4つがはいっていますので確認してください。

・通知カード

・個人番号カード申請書

・返信用封筒

・説明書

通知カードの券面には氏名、住所、生年月日、性別の基本4情報と、マイナンバー(12桁)が記載されます。

顔写真は入っておりませんので、単体で本人確認のための身分証明書としての利用はできません。

なお、後述の個人番号カードの交付を受けるときは、通知カードを市区町村に返納しなければなりません。

通知カード

 個人番号カードとは?

 券面に基本4情報、マイナンバー(12桁)、本人写真などが記載されます。

 ICチップが搭載されていて、この中に電子申請のための電子証明書が記録されています。身分証明として利用できるほか、e-TAXなどの各種電子申請を行えます。

 希望する方は、顔写真とともに申請することで、平成28年1月以降に交付を受けることができます。通知カードに同封される書類をご確認ください。(交付手数料は無料)

 住民基本台帳カードは有効期限まで利用できます。ただし、個人番号カードと重複して持つことはできません。

          

  


         

通知カード 個人番号カード
取得方法 住民票を有するすべての方に簡易書留で郵送 通知カードと一緒に送付される申請に顔写真を貼付し、同封の返信用封筒で申請
様式 紙製のカード ICカード
記載事項 住所、氏名、生年月日、性別、マイナンバー 住所、氏名、生年月日、性別、マイナンバー等
使用する時 マイナンバーを提示するとき

・マイナンバーを提示する時

・本人確認書類

・e-TAXなど公的個人認証(署名用電子証明書、利用者用電子証明書)を利用する時

特定個人情報保護評価の実施

特定個人情報(※)を取り扱う国や自治体など全ての機関は、安全対策が十分に取られていることを確認するため、「特定個人情報保護評価」の実施と評価書の作成が義務付けられています。

※特定個人情報とは、個人番号(マイナンバー:12桁)をその内容に含む個人情報のことをいいます。

 特定個人情報保護評価(特定個人情報保護評価書)

マイナンバー制度に関する問合せは?

マイナンバー制度に関するホームページ

内閣官房「マイナンバー 社会保障・税番号制度」

総務省

政府広報オンライン

国税庁(個人番号・法人番号)

マインナンバー総合フリーダイヤル

0120-95-0178(無料)

平 日 午前9時30分~午後8時

土日祝 午前9時30分~午後5時30分

※年末年始(12/29~1/3)を除く

※その他「マイナンバー総合フリーダイヤル(PDF 121KB)」についてをご覧ください。

ページの先頭に戻る