暮らしのガイド

食品ロスは減らせます!!

・・・「買いすぎない」で「使い切る」 ちょっとの心づかいで・・・

食べ残し、売れ残り、賞味期限が近いなど様々な理由で食べられるのに捨てられてしまう食品「食品ロス」。毎日、大型トラック(10t車)約1700台分の食品が破棄されています。国民一人当たりでは、毎日お茶碗1杯分(139g)となります。

家庭でできる具体的な食品ロス対策は、「食材を使い切り、おいしく食べきること」です。

①買い物前に

・冷蔵庫を確認し、メモを持って買い物に行きましょう。

・お腹がすいているとつい買いすぎてしまいがちなので、空腹での買い物は避けましょう。

②買い物では

・必要な量を必要な時に買うことで、「小分け」や「少量パック」を上手に活用しましょう。

・すぐ使うものであれば、陳列棚の手前の期限が短いものから買いましょう。

③調理では

食べ切れる量を作り、食べ残した分は翌日アレンジして食べ切りましょう。

④賞味期限と消費期限の違いを知る

賞味期限は「おいしく食べることができる期限」です。期限がすぎたからと言ってすぐに食べられなくなるわけではありません。見た目やにおいで個別に判断しましょう。なお、消費期限は「食べても安全な期限」です。期限が切れたら食べない方が安全です。(※注)

※何れも開封していない状態で、表示されている保存方法(要冷蔵など)を守った状態で保存した場

合の期限を言います。

☆とれたて新鮮な地産地消千葉県産、横芝光町産の旬の食材を選びましょう!

今日から「もったいない」を意識してみませんか!

お問い合わせ

横芝光町消費生活相談室(産業課内)84-1233

月曜日から金曜日(祝日を除く)8:30~17:00

ページの先頭に戻る