暮らしのガイド

ご存知ですか?治療と仕事の両立支援について

治療と仕事のことで、1人で悩みをかかえていませんか?

がん・脳卒中・心疾患・糖尿病・肝炎・難病など、継続的に治療を受ける病気になったとき。

  • がんと診断されたけど会社に言いたくない、退職しようか迷っている
  • 病気のことを会社にうまく伝えられない
  • 治療と仕事を両立できるか不安
  • 誰に相談すればいいか分からない
  • 職場の理解・協力が得られない、職場に迷惑をかけたくない
  • 治療に合わせた短時間勤務や休暇取得が難しい

千葉産業保健総合支援センターにご相談ください。

仕事は経済的な支え、仕事を続ければ安心して治療にも専念できます

今は仕事をしながら治療を続けることが可能な時代です。がんで通院している人は推計32万5千人います。日本人の2人に1人ががんになると言われていますが、がんと診断された患者のうち3人に1人は20~64歳の働く世代です。働く人(患者)にとっては、仕事は経済的支えだけでなく生きがいでもあります。退職を考える前に治療と仕事の両立について相談してみましょう。

治療と仕事の両立支援を無料で行います

労働者や事業者からの依頼により、両立支援促進員等が助言・支援を無料で行い、労働者・事業者・医療機関の連携をお手伝いします。

リーフレット

ご存知ですか?治療と仕事の両立支援について(PDF 405KB)

お問合せ

千葉県地域両立支援推進チーム

独立行政法人労働者健康安全機構 千葉産業保健総合支援センター

〒260-0013 千葉市中央区中央3-3-8 日進センタービル8階

043-202-3639(平日 午前9時~午後4時)

治療と仕事の両立支援(千葉産業保健総合支援センターHP)

治療と仕事の両立について(厚生労働省HP)

ページの先頭に戻る