暮らしのガイド

心身障害者扶養年金

障害のある方を扶養している保護者が生存中に一定の掛け金を納めることにより、保護者が、万が一死亡したときまたは重度障害者になったときに、その保護者に保護されていた障害者に終身一定額の年金を支給します。

対象者

次に掲げる障害者(児)を扶養している、65歳未満の保護者など。

1. 身体障害者手帳1級から3級までの所持者
2. 療育手帳所持者
3. 精神または身体に永続的な障害のある方(精神病、脳性麻痺、進行性筋萎縮症、自閉症、血友病など)で、その障害の程度が上記1または2と同程度と認められる者

ページの先頭に戻る