暮らしのガイド

特定健診・特定保健指導

特定健康診査・特定保健指導を受けましょう。

平成20年度から、従来の基本健康診査に代わり、特定健康診査・特定保健指導を実施しています。

●特定健康診査とは・・・

 生活習慣病の前段階である、メタボリックシンドロームを予防・改善することを目的とした健康診査のことです。 
 対象者は、40歳~74歳(平成29年7月23日現在で74歳以下の方)で国民健康保険加入者です。実施時期は6月15日~7月23日までの16日間で、対象者には5月中に案内を通知します。

国民健康保険以外(社会保険等)に加入している方は、会社または保険者にお問い合わせください。

※40歳未満の健康診査は実施しません。

※対象年齢は、平成30年4月1日現在です。

※転出した方は、対象外となりますので、転出先の市町村へお問合せ下さい。

●特定保健指導とは・・・
 メタボリックシンドロームを予防・改善するために必要な情報の提供や、保健師・管理栄養士による個別相談などを行います。
 健診を受けるだけでなく、その結果により保健指導を受けて無理なく生活習慣病を改善することが重要です。

※生活保護者は、特定健診と同様の健康診査が受診できますので、健康こども課にお申し込みください。

◎生活習慣病の予防について
 健康づくりに関する情報が掲載されていますのでご覧ください。

  千葉県国民健康保険団体連合会ホームページ(外部リンク)

→ 暮らしのガイド一覧へ戻る

ページの先頭に戻る