暮らしのガイド

障害者福祉

障害者手帳の種類 | 各種手当障害福祉サービスを受けるまで利用できるサービス各種助成制度障害者虐待防止センター | 障害者就労施設等優先調達障害福祉ガイドブック

障害者手帳の種類

身体障害者手帳

身体に一定以上の障害があり日常生活に著しい制限を受ける方が、障害の程度に応じて各種のサービスを受けるために必要な手帳です。手帳の交付には申請が必要です。

交付対象 視覚、聴覚、平衡機能、音声・言語機能またはそしゃく機能、肢体、心臓機能、じん臓機能、呼吸器機能、ぼうこうまたは直腸機能、小腸機能、HIV感染による免疫機能、肝臓機能の障害のある方。
交付手続 指定医の診断書と顔写真1枚(たて4センチメートル×よこ3センチメートル)が必要です。

療育手帳

知的障害者が各種のサービスを受けるために必要な手帳です。手帳の交付には申請が必要です。

交付手続 顔写真1枚(たて4センチメートル×よこ3センチメートル)が必要です。

精神障害者保健福祉手帳

精神障害者の社会復帰、自立及び社会参加の促進を図るため、各種のサービスを受けるために必要な手帳です。手帳の交付には申請が必要です。

交付手続 指定の診断書(精神障害を事由として障害年金を受給されている方は年金証書と払込通知書でも可)と顔写真1枚(たて4センチメートル×よこ3センチメートル)が必要です。

各種手当

名称対象者支給額支給時期備考
①特別障害者手当 在宅で20歳以上の最重度心身障害者(常時特別の介護が必要な者) 月額
26,810円
2、5、8、11月にそれぞれの前3ヵ月分が支給されます。 所得制限
あり
②在宅重度障害者
福祉手当
在宅で20歳以上の重度知的障害者又は居宅でおおむね6ヵ月以上ねたきりの20歳以上65歳未満の身体障害者及びその養護者 月額
14,380円
4、8、12月にそれぞれの前4ヵ月分が支給されます。 所得制限あり
③障害児福祉手当 在宅で20歳未満の重度心身障害児(常時介護が必要な児童) 月額
14,580円
2、5、8、11月にそれぞれの前3ヵ月分が支給されます。 所得制限あり
④特別児童扶養手当 在宅で20歳未満の心身障害児の監護者 1級月額
51,450円
2級月額
34,270円
4、8、11月にそれぞれの前4ヵ月分が支給されます。 所得制限あり

※①・③・④の手当てについては平成29年4月分(①・③については5月支給分、④については8月支給分)から月額が変更になっています。


障害福祉サービスを受けるまで(平成18年4月より施行)

障害のある方が、地域で安心した生活を送れるよう支援するための制度で、これまで障害の種類ごとに異なっていましたが、障害の種類に関わりなく共通のサービスが利用できるようになりました。
対象者:身体障害者、知的障害者、精神障害者、障害児

支給決定までの流れ

障害者の福祉サービスの必要性を総合的に判定するため、支給決定の各段階において、

  • (1) 障害者の心身の状況(障害程度区分)
  • (2) 社会活動や介護者、居住等の状況
  • (3) サービスの利用意向
  • (4) 訓練・就労に関する評価を把握し、その上で、支給決定を行う。

介護給付を希望する場合

相談・申し込み
利用申請
障害程度区分の一次判定
障害者の心身の状況を判定するため、調査員が106項目の調査を行います。
二次判定(審査会)

審査会は、障害保健福祉をよく知る委員で構成され、区分の判定を行います。

医師意見書を添付(町から直接、医療機関へ依頼)します。

障害程度区分の認定
介護給付では区分1から6の認定が行われます。
勘案事項調査
地域生活 就労 日中活動 介護者 住居 など
 サービスの利用意向の聴取
支給決定

訓練等給付を希望する場合

相談・申し込み
 利用申請
障害程度区分の一次判定
障害者の心身の状況を判定するため、調査員が106項目の調査を行います。
勘案事項調査
地域生活 就労 日中活動 介護者 住居 など
サービスの利用意向の聴取
暫定支給決定
訓練・就労評価項目→個別支援計画

一定期間、サービスを利用し、
(1) ご本人の利用意思の確認
(2) サービスが適切かどうかの確認ができたら、評価項目にそった一人一人の個別支援計画を作成し、その結果をふまえ本支給決定が行われます。

支給決定

利用できるサービス

名  称内   容備考
居宅介護(ホームヘルプ) 自宅で、入浴、排せつ、食事の介護などを行います。 介護給付
重度訪問介護 重度の肢体不自由者で常に介護を必要とする人に、自宅で入浴、排せつ、食事の介護、外出時における移動支援などを総合的に行います。
行動援護 自己判断能力が制限されている人が行動するときに、危険を回避するために必要な支援、外出支援を行います。
重度障害者等包括支援 介護の必要性がとても高い人に、居宅介護など複数のサービスを包括的に行います。
短期入所(ショートステイ) 自宅で介護する人が病気の場合などに、短期間、夜間も含め施設で、入浴、排せつ、食事の介護などを行います。
療養介護 医療と常時介護を必要とする人に、医療機関で機能訓練、療養上の管理、看護、介護及び日常の世話を行います。
生活介護 常に介護を必要とする人に、昼間、入浴、排せつ、食事の介護などを行うとともに、創作的活動又は生産活動の機会を提供します。
施設入所支援(障害者支援施設での夜間ケア等) 施設に入所する人に、夜間や休日、入浴、排せつ、食事の介護などを行います。
自立訓練(機能訓練・生活訓練) 自立した日常生活又は社会生活ができるよう、一定期間、身体機能又は生活能力の向上のために必要な訓練を行います。 訓練等
給付
就労移行支援 一般企業等への就労を希望する人に、一定期間、就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練を行います。
就労継続支援(A型・B型) 一般企業等での就労が困難な人に、働く場を提供するとともに、知識及び能力の向上のために必要な訓練を行います。
共同生活援助(グループホーム) 夜間や休日、共同生活を行う住居で、相談や日常生活上の援助を行います。
コミュニケーション支援(手話通訳派遣) 聴覚障害者等の方が、家庭生活や社会の中でのコミュニケーションを円滑に行うため、必要に応じて手話通訳者を派遣します。 地域生活支援事業
日常生活用具の給付・貸与 身体障害者(児)及び知的障害者(児)に対して、日常生活用具の給付または貸与を行います。
移動支援 円滑に外出できるよう、移動を支援します。
地域活動支援センター 創作的活動又は生産活動の機会の提供、社会との交流などを行う施設です。
訪問入浴サービス 居宅においてねたきりで入浴困難な65歳未満の心身障害者(児)に対して、訪問により入浴サービスを行います。
更生訓練費給付 就労移行支援事業又は自立訓練事業を利用している者及び身体障害者更生施設に入所している者に更生訓練費を支給します。
知的障害者職親委託制度 職親(民間の事業経営者等)に委託して知的障害のある方の生活指導・職業指導等を行います。
日中一時支援 日中において看護する者がいないため、一時的に見守り等の支援が必要な障害者に対して、日中の活動の場を提供し、見守りや社会に適応するための日常的な訓練等を行います。
自動車運転免許取得費助成 障害者の就労等社会活動への参加を促進するため、自動車運転免許の取得に要する費用の一部を助成します。
自動車改造費助成 重度身体障害者が自立した生活、社会活動への参加及び就労に伴い、自らが所有し運転する自動車のハンドル、アクセル、ブレーキなどの改造に要する経費を助成します。
心身障害者小規模福祉作業所 在宅の心身障害者であって、雇用されることが困難な方に対し、設備と仕事を提供するとともに、生活指導を併せて行い、その自立を助長することを目的とした施設です。
利用資格: 在宅の心身障害者であって通所による作業になじむ方
利用料: 原則として無料
作業

各種助成制度

名称内容備考
補装具の交付・修理 身体障害者手帳の交付を受けている者(児)に対して、補装具(補聴器、義肢、義足、車いす等) の交付・修理を行います。 課税状況に応じて自己負担額が必要
軽度・中等度難聴児補聴器購入費助成制度

身体障害者手帳の交付対象とならない、軽度・中等度難聴児の方(18歳未満)に対して、基準額の範囲内で、購入費用の3分の2以内を助成します。

申請時に指定医師の意見書等、必要書類があります。必ず、購入前にご相談ください。

※所得制限があります。また、購入後の申請はできません。身体障害者手帳が取得できる可能性がある方は、身体障害者手帳の取得申請をしていただく場合があります。

タクシー利用料助成 身体障害者手帳1・2級、療育手帳マルAマルAの1、マルAの2、Aの1、Aの2の交付を受けている者に対して、利用料の一部を助成します。 乗車1回1000円以内月4回まで
自動車税の減免 身体障害者本人が使用するか、または重度の身体障害者(児)・知的障害者(児)及び、精神障害者保健福祉手帳1級を持つ方の同居する家族が通院などに使用する車の自動車税は、申請に基づき減免されます。 減免できる自動車は障害者1人につき1台です。
問合せ先/東金県税事務所
電話番号:0475-54-0223
有料道路通行料金の割引き 身体障害者本人が運転して有料道路を利用する場合及び身体障害者手帳又は療育手帳の交付を受けている者(児)のうち重度の障害(第1種)者(児)が同乗している場合、通行料金が割引になります。 【申請手続】
身体障害者手帳又は療育手帳・運転免許証・車検証を持って申請して下さい。ただし、登録できる自動車は障害者1人につき1台です。
身体障害者の駐車禁止規制適用除外 身体障害者等で歩行が困難な方の活動の場を広げる一助として、一定以上の障害を持つ身体障害者に対し、申請に基づき駐車禁止規制の対象から除外する標章を交付します。 【交付手続】
申請は住所地を管轄する警察署で受付けますが障害者(療育)手帳・自動車検査証・運転免許証などが必要です。
問合せ先/山武警察署
電話番号:0475-82-0110
JR等運賃の割引 一定以上の障害を持つ心身障害者本人および介護者の旅行などの際、運賃の2分の1が割引になります。 第1種・第2種の身体障害者等によって、内容が異なります。詳しくは、ご利用の鉄道会社にお問合せください。
航空運賃の割引 12歳以上で、一定以上の障害を持つ心身障害者本人および介護者の旅行などの際、航空運賃の4分の1が割引になります。 第1種・第2種の身体障害者等によって、内容が異なります。詳しくは、ご利用の航空会社にお問合せください。
NHK放送受信料の免除 【免除基準(平成20年10月1日から)】 【申請手続】
障害者手帳、印鑑を持って申請してください。
●全額免除
障害者(身体・知的・精神)が世帯構成員であり、世帯全員が市町村民税非課税の場合
●半額免除
〇視覚・聴覚障害者が世帯主の場合
〇重度の障害者(身体・知的・精神)が世帯主の場合

障害者虐待防止センター

障害のある人が尊厳を保ち、安心して暮らしていけるように、平成24年10月1日から障害者虐待防止センターを役場福祉課内に開設しました。

地域で障害のある人への虐待を見たり、聞いたりしましたら、横芝光町障害者虐待防止センター窓口までご相談ください。

窓口受付時間電話番号
福祉課
障害福祉班 内
月~金曜日(祝祭日・年末年始を除く)
午前8時30分~午後5時15分まで
0479-84-1257
さんぶエリアネット 内 月~金曜日は、午後5時15分~午前8時30分まで
土日・祝祭日・年末年始は24時間対応
080-2597-3637

障害者虐待防止(PDF)

※なお、この制度についてもっと詳しく知りたい方は、千葉県ホームページをご覧ください。


障害福祉ガイドブック

 障害をお持ちの方やそのご家族への福祉サービスなど障害福祉に関する制度・サポートのご案内をまとめた平成28年4月版「横芝光町障害福祉ガイドブック」を発行しました。

 ご希望の方は、福祉課障害福祉班(役場本庁舎1階)で配布しているほか、下のリンク先からもご覧いただけます。

名 称 ・ ページ項   目ファイル
サイズ

  表紙 ・ ご利用にあたって ・ 目次

 ・表紙
 ・横芝光町障害福祉ガイドブックのご利用
  にあたって
 ・目次

329KB

障害程度別の支援制度
・施策一覧表
【1ページ ~ 6ページ】

 ・障害程度別の支援制度・施策一覧表
  (その1)~(その6)
714KB

本編 ・ 裏表紙
【7ページ ~ 94ページ】


  1 手帳
  2 医療費
  3 手当
  4 年金・給付金
  5 補装具・日常生活用具
  6 障害福祉サービス
  7 地域生活支援事業
  8 自動車交通・公共交通などの割引
  9 税金・公共料金・情報通信の減免
 10 住宅関連・災害対策など
 11 その他・日常生活のサービスなど
 12 相談窓口・サービス事業所・関係
   団体など
 13 知っていますか?「障害者に関す
   るマーク」

2,035KB

ページの先頭に戻る