町政の運営

投票の方法

投票日に投票する場合

投票日の投票方法

選挙の公示または告示日以降、投票所入場券が郵送されますので、指定の投票所に持参してください。投票所入場券を紛失してしまったり、届いていない場合でも、選挙権を有し、選挙人名簿に登録されていれば投票できますので、投票所の受付にお申し出ください。(本人確認のため簡単な質問をすることがあります。)

投票時間 : 午前7時~午後8時

  • 点字投票 目の見えない方は、点字による投票ができますので、投票所で申し出てください。
  • 代理投票 身体の故障などで、投票所において自ら投票用紙に候補者の氏名等を書くことができない場合は、指定された代理者が代わって記載します。

投票日に投票所へ行けない場合

期日前投票

選挙当日に、仕事や旅行、レジャー、冠婚葬祭などの理由で投票できない方は、期日前投票ができます。

期  間 : 選挙の公示日(告示日)の翌日から投票日の前日まで、土曜日・日曜日・祝日を問わず、毎日投票することができます。
投票時間 : 午前8時30分~午後8時

不在者投票

仕事や旅行などで他の市町村に滞在中の方は、出張先や旅行先などの滞在先の選挙管理委員会で不在者投票ができます。
 また、都道府県選挙管理委員会が指定する病院や老人ホーム等の施設に入院・入所中の方は、その施設内で不在者投票ができます。

滞在地先等で不在者投票をする場合

  • 1 不在者投票用紙等の請求書兼宣誓書を名簿登録地の市区町村の選挙管理委員会に、直接または郵便で提出します。
  • 請求書兼宣誓書 (Word 60KB)
  • 2 投票用紙・投票用封筒・不在者投票証明書が郵送されますので、滞在先の選挙管理委員会に行き、不在者投票を行います。(投票時間は滞在先の選挙管理委員会にお問い合わせください。)

※ 不在者投票証明書が入っている封筒を開封すると投票はできません。また、投票用紙にあらかじめ記入をすると無効となります。

病院や老人ホーム等の施設で投票する場合

1 施設の長(不在者投票管理者)に、投票用紙を請求します。
2 施設の長が選挙人が登録されている市区町村選挙管理委員会に対して投票用紙を請求します。
3 選挙管理委員会は、施設の長(不在者投票管理者)に投票用紙を交付します。
4 公示日(告示日)の翌日以降、施設の長(不在者投票管理者)の管理のもとで投票します。
5 施設の長(不在者投票管理者)は、投票済みの投票用紙を選挙人が登録されている市区町村へ送ります。

郵便等による不在者投票

身体に重度の障害などがあり一定の要件を満たす方は、郵便などにより自宅などで投票できる制度があります。あらかじめ「郵便等投票証明書」の交付を受けることが必要となりますので、詳しくは選挙管理委員会までお問合せください。

郵便等による不在者投票ができる方

手帳等の種別障害等の種別障害等の程度
身体障害者手帳 両下肢、体幹、移動機能の障害 1級、2級
心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸の障害 1級、3級
免疫、肝臓の障害 1級~3級
戦傷病者手帳 両下肢、体幹の障害 特別項症
~第2項症
心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓の障害 特別項症
~第3項症
介護保険被保険者証 要介護5

郵便等による不在者投票における代理記載制度の対象者

手帳等の種別障害等の種別障害等の程度
身体障害者手帳 上肢または視覚の障害 1級
戦傷病者手帳 上肢または視覚の障害 特別項症
~第2項症

在外投票

日本国籍を有していれば、仕事や留学などで海外に住んでいても国政選挙に投票することができます。在外投票するには、現在の住まいを管轄する在外公館(大使館・領事館)で在外選挙人名簿への登録を申請する必要があります。登録された方には、投票時に必要な「在外選挙人証」が申請先の市区町村選挙管理委員会から在外公館を通じて交付されます。
投票は、在外公館で行う「在外公館投票」、郵便等によって行う「郵便等投票」、選挙の際に一時帰国した人や、帰国後間もないため国内の選挙人名簿に登録されていない人が行う「日本国内における投票」があります。

ページの先頭に戻る